脱毛と飲酒

脱毛サロンで施術をする際に、お酒を飲んでも大丈夫でしょうか。
その答えですが、脱毛サロンの最初のカウンセリング時に、飲酒をしてはいけないとの注意事項があるはずです。
なぜ、飲酒をしてはいけないのか、その理由は血行が良くなって体温が上がるからです。
体温が上がると、脱毛後の肌にかゆみや発疹が出る場合があります。
同様の理由で、脱毛後に運動したり、お風呂に入るのもよくありません。
また、お風呂に入るのがよくない理由は体温が上がることだけでなく、浴槽には雑菌が多いから脱毛したあとのデリケートな肌が感染するおそれがあることです。

脱毛サロンによれば、脱毛後だけではなく、脱毛前にお酒を飲むのもよろしくないとのことです。
体内にお酒が残っていれば、やはりかゆみや発疹が出る可能性があります。
ほかにも、脱毛前後の日焼けで肌にダメージが出ることがあり、海水浴などの予定がある場合や、野外のイベントに出かけることなどは要注意となっています。
また、日焼け止めや制汗剤などを塗ることも、肌に刺激を与えることになります。

脱毛後はとにかく肌がデリケートになっているので、ちょっとしたことが肌トラブルにつながります。
普段以上に気をつける必要があるということでしょう。
ただ、人によって個人差もあります。
肌の強い人と肌の弱い人では症状の出方が違いますし、お酒も強い人と弱い人がいるので、アルコールの代謝能力にも差がありますから、飲んだ直後でなければ症状が出ないことも考えられます。


■特選サイト
脱毛サロンでは受けることが出来ないレーザー脱毛が受けれる脱毛クリニックです → レーザー脱毛

Copyright © 2014 脱毛と飲酒の関係 All Rights Reserved.